とりすぎればマイナスになることも。高麗人参の副作用

健康と美容を助けてくれる高麗人参ですが、その分栄養素も多く、高麗人参を日常的に食べる習慣は日本人とってはそれほど神経質になる必要がないとはいえ、過剰な摂取は副作用につながる可能性があります。

効果に期待できる分、摂取量に注意

薬効の高い成分は、その裏返しとして、強い副作用が懸念されます。手術や癌の薬物療法など医療現場で使われる薬剤の中には、取り扱いを間違えれば重篤な結果を招きかねないようなものも少なくありません。

では、漢方なら安心なのでしょうか。よく「天然由来の成分は、薬効が強くても体に優しいから副作用の心配が要らない」といったコメントを散見しますが、これは全くの事実誤認です。最近では漢方生薬(大黄、牡丹皮、桃仁、牛膝等)について、流産・発がん性・催奇性のリスク症例が報告されています。

高麗人参は、栄養豊富で健康や美容に対する効果を期待できます。具体的には高麗ニンジンの主成分であるサポニンには、胃腸を丈夫にし、血糖値を抑え、さらには中枢神経に対する鎮静作用や強壮作用も兼ね備えていると言われています。ただし、その作用はあくまで緩慢です。

逆に言えば、副作用もそれほど神経質になる必要もありません。だからといって、過剰に摂取すれば、副作用につながりやすくなります。サポニンには高血圧・不眠・興奮・湿疹などの副作用が認められるといわれています。特に高麗人参サプリなどは栄養バランスを考えて凝縮していることが多く、規定量を超えた使用は危険を伴う場合もあるのです。

高麗人参は、過剰に栄養を摂取しても身体が元気になるわけではなく、とればとるほどリスクが増える場合もあるからです。最適な量に調整されて作られていることが多いサプリは、大量に使用しない方が良いのです。

また、複数のサプリメントや栄養ドリンクの併用も危険が伴います。元気がないからと飲み過ぎても体が元気になるより先に身体に過剰摂取により副作用などが出てしまう可能性もあるのです。

組み合わせなければ、ほとんど危険はない

薬事法上で医薬品の扱いを受ける商品と異なり、健康食品として販売されている高麗人参サプリは、サポニンの含有量もそれほど高くなく、日常的な使用ではそれほどナーバスにならなくても大丈夫です。

含有量の高い、漢方薬品として処方される高麗人参は厳密な量の管理が課されており、一般消費者がむやみに服用はできません。一部の韓国料理店などで出る高麗人参は生食用のものであり、栄養成分の凝縮度は高くありません。ですので、医薬品や食品との飲み合わせは、そんなに気にしなくても平気です。

むしろ普段気を付けるべきは、高麗人参サプリを複数組み合わせる場合や、栄養剤との飲み合わせでです。持病の薬を服用している方も注意が必要で、組み合わせに不安がある場合は医師に相談することが大切です。

顆粒状と糖分摂取

顆粒状の場合は、含有される糖分の量が高い製品も多く、用法通りに服用すると、それだけで1日10g以上のブドウ糖を摂取してしまうケースも少なくありません。とくに、高麗人参購入者の1割以上に相当する糖尿病患者の方は、用心が欠かせません。「蜂蜜に混ぜてお召し上がりを」などと記載している商品もありますが、言語道断です。

信頼できるブランドを選ぼう

薬事法では、薬局方といって、有効成分を薬効の強さでランク付けしています。薬効の強い成分が多く処方されている薬剤は医薬品として指定され、副作用情報の発信共有が義務付けられると同時に、クリーンルームでの生産やトレーサビリティーなど品質管理の徹底が求められます。

高麗人参は薬効が弱いこともあり、そこまで厳しい規制は求められず、「健康食品」としての生産・販売が認められています。

一方で、規制が緩いのを良いことに、一部でいい加減な商品も出回っており、国民生活センターには、「摂取したら具合が悪くなった」などの危害情報も寄せられています。

加えて、そうした製品を調査してみると、有効成分の含有量が著しくばらついている又は全く有効成分が検出されなかった事例も出ています。

安全面では、人に危害が及ばないとされている量(0.1PPM)を超える、有機塩素系の残留農薬(BHCやキントゼン)が一部製品より見つかっています。しかもこうした農薬は、国内での使用が禁止されています。

では我々消費者の自衛策は何でしょうか。当面は、信頼のおけるブランド・企業の商品を選ぶのが正解なようです。

まとめ

美容や健康に対する効果が期待できる高麗人参ですが、摂りすぎれば副作用を起こす可能性があります。特に高麗人参サプリは併用を前提としていないため、栄養ドリンクなどの複数の組み合わせでより悪い面が出てしまう可能性もあるのです。

一方で、日常的に高麗人参を食べる習慣は日本人には無く、サプリメントなどの管理をすれば副作用を避けることができます。複数のサプリの併用を避け、持病の薬などの相性が気になる場合は医師に相談することを忘れないようにしましょう。

国民生活センター「高麗人参を主原料とした「健康食品」(概要)」(外部サイト)

当サイトでオススメする高麗人参サプリBEST3

高麗美人
3,024円(税込)
6年根紅参100%使用の高麗人参サプリ!
サポニン含有量の多い紅参6年根を100%使用した高麗人参サプリです。EPA,ミツロウ,ビタミンEなども配合しています。更年期や美容目的で飲むなら、オススメの高麗人参サプリです。
高麗のめぐみ
1,980円(税込)
6年根紅参と黒参を配合!
栄養素豊富な6年根紅参と、さらに貴重と言われる黒参を配合しています。プロポリスを使用しており、美容成分も豊富です。
白井田七
3,980円(税込)
伝七人参使用したサプリメント!
「田七人参」は高麗人参よりもサポニン含有量が多いと言われています。高血圧でお悩みなら、この白井田七がオススメです。


>> 高麗人参サプリランキングをもっと見る

当サイトのイチオシ商品は?

貴重な6年根紅参100%使用の高麗人参サプリ!

高麗人参の中でも高級で栄養素が特に豊富と言われる紅参6年根を100%使用しています。さらに美容成分も豊富に含んでいるため、美容目的で飲むならピッタリです。

実際に飲んでみたところ、味やにおいなども気にならず、簡単に飲むことができました。「高麗美人」は国内GMP認定工場で生産されているので、安心して飲むことができます。

モンドセレクション2015年度金賞受賞しています。更年期対策や美容目的の20〜40代の幅広い女性の間で人気の高麗人参サプリです。